雇用創出という使命が変わった

創業当初2010年は、リーマンショックの余波もあり景気が悪かったので、

   私が密かに掲げていた雇用を創出によって札幌経済に貢献するということを

   使命として位置づけました。

   なかかなそれ実現できませんでしたが、近年、

   徐々に社員が増えてきて雇用創出が実現できつつあると思ったわけですが、気が付けば、

   世の中は完全に人手不足に陥っていたのでした。

   仲の良い社長との飲み会では決まって「誰かいないか?誰かいないか?」です。

   私は、運よくシェアハウス事業があるおかげで、その入居者様やOBOGの方、外国人の方などと

   直接接点を持っているため、リクルート活動に困ることは少ないです。

   他の企業は本当に切実だなと思います。

   そして、私が2年前から行っている活動として「札幌移住計画」などがありますが、本業と合わせ、

   より多くの人に住む場所として札幌を選んで頂く、その力になることが新しく使命として加わってます。シェアハウスも民泊もより多くの方に札幌との接点をもって頂くことに他なりません。

   これが弊社のコンセプトであり、その理想を言葉として表現したのがMASSIVE SAPPOROです。

   この理想をともに実現したいです。

   社員も募集しています。

   我こそはという方、ぜひ、お会いしましょう。

NEXT:

PREV: