北海道庁に要望書を提出

北海道優良民泊推進機構の理事として北海道庁に民泊の条例についての要望書を提出しました。

既得権益者の利益ばかりを優先するような北海道では、未来は明るくない!

そういう思いから、7月以降、多くの議員と会い、民泊の事実を伝えてきました。
メディアが悪い側面ばかりを強調するので、民泊が多くの人を救い、希望や喜び、生きがいを
与えてることを強く伝えました。
その数、市議会議員12名、道議会議員4名、衆議院議員も1名となってました。
お会いしてくださった先生、紹介してくださった方にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

北海道の未来を良くしつつ、民泊の悪い側面を最小化することまで考えて作られた要望書です。
ご共感いただける方、何卒、応援よろしくお願いいたします!!


真面目か!

NEXT:

PREV: