シェアハウス「BUIE」

シェアハウスBUIE

シェアハウスの魅力とは

ひとつの家で複数の住人が個室を持ち、キッチンやリビングなどを共有する「シェアハウス」

「シェアハウス」と聞くと、1部屋を2〜3人で共有するドミトリー式のイメージが強いですが、現在ではプライバシーも確保できる「個室スタイル」が一般的となっています。


MASSIVE SAPPOROのプロデュースするシェアハウス「BUIE」も、そのすべてが個室。

共有のリビングなどのインテリアは、人気雑貨店に協力していただいております。


時にはシェアハウス合同パーティ、ドライブや飲み会などの企画も開催しており、「ひとり」を大事にしながら、「ひと」との関わりも生み出す場所づくりを提供しています。


部家「BUIE」 – 札幌を元気にするシェアハウス

部家「BUIE」の名前の由来は、高校時代の部活や大学時代のサークル仲間との楽しい思い出を実際に再現できる場というコンセプトから、部室ならぬ『部家「BUIE」』と名付けました。


従来型のシェアハウスでは安さを売りにしていますが、BUIEでは入居者同士の良質なコミュニティを最大限に追求しています。それはオーナーが東京でいくつかのシェアハウスを体験し、普段は接点のない世界の人と出会え、仲良くなれることが刺激的だったからです。


20代〜40代を中心に様々な業界で働く人が入居してくるので、共有スペースや時間をいっしょに過ごすことで価値観が共有されます。普段の生活では深く知ることの出来ない様々な価値観が、自らの人生の幅を広げていくことにつながり、かけがえのない仲間や同志ができるのです。


「シェアハウスに興味があるけど」と思っていた方、
入居をご検討していた方、シェアハウスを見学することも可能です。
ぜひシェアハウスに飛び込んでみてください。