KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
7
29

30代を振り返ると「やっぱもっと早くにシェアハウスに巡り会いたかった」と思う

本日、誕生日を迎え40歳になることができました。

なので、30代という10年間を総括してます。

私が札幌初のシェアハウス事業者として創業したのが31歳の頃でしたので、

この10年というのは、MASSIVE SAPPORO経営にチャレンジした日々と完全一致します。

総括して思うことは色々とあります。

その中でも特に強く感じられるのは、「もうちょっと早くに出会っていたかったな」という想いでした。

 

シェアハウスの経営をする前は、浅草のシェアハウスに入居者として住んでいましたが、

「こんな楽しい日々があったのか?こんな素敵な日々がずっとずっとずっと続けばいいのに」

「家(シェアハウス)に帰るのが楽しみで仕方ない」

毎日、そんな気持ちでいました。私は、この日々をたった一年で卒業したのです。

あまりにも楽しい日々だったからこそ、「あと一年でも早く巡り合ってれば」という思いが消えないのです。

そして、もうそんな気持ちにはなりたくないという思いが、

民泊に出会った時、悔いないようやりきるという行動として形になったのかなと分析してみました。

 

皆さま、この10年、本当にお世話になりました。

次の10年もこれまで以上によろしくお願いいたします!!

 

※ちなみに30歳になった時、20代を総括して、やり残したことはないか?と考えた時に、

 それは「留学」だったのでした。だから、上海に行きました。そして、そこで体験した寮生活が、

 その後のシェアハウスに繋がったというエピソードも実話の一つです。

 

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI