KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
8
7

全社会議をしました!

全員が集い、北大の教授のインバウンドについての講義を受けた後、

残り四半期の目標や今後について話をし、最後は懇親会を行いました。

生き生きとしている様子が嬉しかったです。

 

その中で、このようなことを語らせていただきました。

「  拡大することの意義

  個人の究極の目標は幸福であることは間違いない。

  会社にとっての目標は、理念の実現である。

  そういう意味では、私自身は、創業後2年以内には理念を実現したという感覚があった。

  あの頃のシェアハウスのあのムード、あの人間関係、あれこそ、自分が実現したかった世界そのものだった。

  

  だけど、それで幸せが分かち合える人数は少ない。

  自分は、もっとやれる。  

  もっと多くの人と関わり、そして私や私たちと関わった人は、必ず今よりも幸せにすることができる。 

  

  その確信があるものは、成長拡大する権利とそして、義務もあると思う。

  我々は、「もうこの程度でいいや」となることは許されない。

  我々と関わることで、幸せになる人が必ずいるから、だから、成長し拡大する使命がある。

  MASSIVE SAPPOROは、単なる会社ではない。

  世の中に求められ、世の中の役に立ち、我々の成長が地域経済の成長させるに欠かせない機能である。

  そして、世の中からいなくなったら、きっと札幌は、とても魅力のない街になってしまう。

  そんな存在にすでになりつつある。

  だから、歩みをやめない。

  当社の理念、言えるだろうか?

  「不動産 ×    インバウンド  北海道を愉快に楽しくMASSIVE に」

  給料をもらうためだけにここにいるのではない。

  社員一人ひとりの理想と会社の目指す理想が合致して、初めて、一致団結となり、圧倒的に強い組織となる。

  期待してます。」

 

本気でこういうことが言えるようになった自分に自分でも少し驚いているところです。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI