KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
11
9

ニトリの働き方 という本を呼んでロマンについて再考察

似鳥社長が運命的な転換点だったと語ったのは、1972年にアメリカに視察旅行をしたことでした。

 ソファやベッド、ダイニングテーブルなどの隣にカーテンやカーペットといったインテリア用品が並んでいて、色やスタイルがトータルにコーティネートされていたこと。

 そうした販売手法がアメリカの豊かさを支えていることに感動したとあります。

 そして価格が日本の3分の1だったそうです。

 そもそもの発想が、日本の場合は、作る側や売る側の都合優先だったが、

 アメリカでは買う側に近い視点であったとのことです。

 彼は日本はアメリカよりも50年以上遅れていると感じ、

 「私の使命は家具を売って儲けることじゃない。日本人の暮らしをアメリカ並みに豊かにすることに一生を捧げて、それを生きがいにしよう」と決意します。

 これはこれをロマンと呼んでます。

 ロマンとは、自分自身の幸せや成長を超越したところにある願い

 ロマンとは、仕事に対して、「世のため人のため、人生をかけて貢献したい」という願い

 ロマンとは、「自分で成し遂げるのだ」という覚悟が伴う物

 ロマンがなければ、抑揚のない退屈な人生

 ロマンがなければ、「売上をあげよう、儲けよう」と自分中心

 ロマンがあれば、働く目的が「人々の暮らしを豊かにすること」」となり、買う側、使う側の立場になって考えられる

 

 それはやりがいではなく、生きがいだと。

 当社にも「北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という理念があります。

 

 私の周りには、大儲けしている経営者は沢山います。

 けど、理念なき利益であれば、全く羨ましいとは思いません。

 私がこの理念にたどり着いたのは、「北海道は良いものはあるけど、商売が下手」という言葉を何度も何度も聞いてきた中、

 この素晴らしいリソースを生かし切れていないのは事実であり、そのもどかしさを感じていたことです。

 そして、ここに真剣に向き合わなければ、焼畑農業のように未来のない大地に変貌してしまうという危機感が強くあります。

 それは次世代に対し、素晴らしい北海道ではなく負の遺産やオワコンとなった北海道を受け継いでしまいかねません。

 それが悔しかったです。

 次世代に最高の形でこの北海道というバトンを渡さないといけないです。

 それは誰かがやるのではなく、我々の仕事だと思ってます。

 

 

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI