KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
10
15

時代背景

時代背景2030年 日本の人口1500万人減少します。
その時、市場は縮小し労働者確保も熾烈を極める、
その未来を軽視してはなりません。これに対する解決策はあるか?
移民受入れ・DX推進・地方創生など、官民でさまざまな取組を行ってますが、
弱いし遅いと感じます。先日、夕張に行ってきました。
メロンでも有名ですが、財政破綻した地方自治体としても有名です。日本の未来の縮図だと言われるその光景を見て、我が子をこの国で育てることに恐怖を感じました。次世代に日本で安心して暮らしていけることをしっかりと引き継ぐことはできるのか?
と問われれば、それは現時点ではノーでしょう。そのような中、私たちはどのような問題を解決するのか?それはインバウンド市場を基幹産業として育て、次世代に引き継ぐことだと考えてます。
このことによって人口減少社会における様々な問題を解決していくことだと考えています。この日本には恵まれた観光資源があります。
美しい国土・文化・歴史・食・体験そのすべてが他に類を見ない誇るべきものです。
事実、2014年、史上初めてめて1000万人超を記録してから、
わずか5年後の2019年には3119万人と急拡大するに至りました。コロナ禍によって2020年、2021年は事実上、入国できない状態となっておりますが、あくまで一時的なことと認識すべきです。中長期的には、日本全体が、高い経済成長性を有し世界人口の60.2%(37億人)を占めるアジア地域に属し、地理的に近距離にあることの恩恵は、まだ始まったばかりに過ぎません。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI