KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
12
6

読書感想「ヒューマンカインド」

テーマは、古くからの人類のテーマである性善説・性悪説。
今の世の中は、性悪説を前提に社会は作られている。
しかし、さまざまな研究から実は性善説の方が正しい!
という本です。

その中で私が気に入った章がありますので、紹介します。

ホモサピエンス(今の人間)とネアンデルタール人は、生きてた時代が重複しあ時期があったそうです。ホモサピエンスが席巻し、
ネアンデルタール人が滅びました。

しかし、身体的にはネアンデルタール人がホモサピエンスより優れているようです。さらに驚くことは、知能においては1.5倍程度もネアンデルタール人が優れていたということがわかったようです。

なのに滅んだのは、ネアンデルタール人の方でした。
その違いは何か?
ホモサピエンスには、他者のやり方を模倣する能力があった。
その一点が、全く異なる未来を生み出しました。

例えるならば、ネアンデルタール人はハイスペックなパソコン。
ホモサピエンスは、性能の低いパソコンではありますが、その全てがwifiで繋がっているのです。

それによって、より良い食事の得る方法、協力の仕方、などがどんどんと伝播していったのだとか。。

同じような事例は私たちの身近でも見受けられますね。

例えば、読売ジャイアンツは、過去に何度か各チームの四番打者を集めた強力な打撃陣を形成しましたが、

結果が振るわなかったことがありました。

一方で、今年に日本一になったヤクルトは、リーグを代表するような強打者は、三番山田、四番村上だけという感じではありましたが、

各人がチームプレーに徹して簡単にアウトにはならない姿勢は、全員がホームラン狙いのような強力打線以上に嫌らしく、しぶとく勝たれてしまうような気持ちにさせられ辛かったです。(ベイスターズファン目線ですいません)

MASSIVE SAPPOROは、個としても強いですが、それがチームワークを発揮しやすいようチームワークを育ててきました。
情報共有に関するノウハウは、やはり誰もが簡単に追いつけるレベルを超えていると思うところです。

まだまだ研ぎ澄ませていきたいですけどね。

何はともあれ、この本はかなりおすすめです。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI