KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2022
5
15

ミッション 日本の危機をチャンスに変える

人口減少によって縮小し続ける日本の宿泊業を宿泊DXによってインバウンド市場に最適化させることで価値ある成長産業に転換させていく。

現在国家が抱える課題の一つとして人口減少にともなう労働力不足の問題があります。その中でも宿泊業の離職率は他産業と比較しても突出して高いといわれています。

コロナ禍以前から都市・地方問わず人手不足による現場の疲弊感は強く、悪循環は強まる一方でした。

しかし宿泊業は、外貨獲得の貴重な手段となるインバウンド市場の主戦場となる成長産業です。

これまで国家を牽引してきた製造業、世界を席巻してきた漫画・アニメ・ファッションなどのポップカルチャーなどもその優位性は失われつつある中、インバウンド市場は数少ない未来への希望の光と言っても過言ではありません。

しかし、これからの日本は人口の減少に加え、悪い円安という局面が常態化し未曽有の社会が待っています。これまで外国人労働者を低賃金で雇用し事業を推進するモデルや移民によって労働人口減少を補うべしという論も、通用しなくなるのでしょう。

私たちは「インバウンド市場は未来の基幹産業」であると考えています。極東に位置し島国である日本は、鎖国などの歴史的背景も手伝って希有な文化を持っています。文化は模倣不能な観光資源です。先人から紡がれてきたこの貴重な観光資源を最大限に活かすことは、至上命題であり、人手不足を言い訳にしてる場合ではないのです。

次世代に残すのは、衰退に向かう日本か!

それとも再び成長に向かう日本か!

私たちは後者を選びます。

この日本が歴史上、何度も絶望の淵から蘇ってきたように、。私たちもこの局面をチャンスに転換して参ります。

私たちはminpaku3.0を通じ、全国各地の宿泊施設・遊休資産をフロント無人型ホテルに転換することで、労働人口が少ない中でも運営可能なインバウンド客の魅力的な受皿とし、国家の課題である労働人口減少・空家・空きビル問題を解決するばかりか、

未来の基幹産業を成長加速させていくのです。

この課題解決を続ける事で、社会に必要とされる企業であり続ける事を目指します。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI