KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2022
9
1

「シノケンが上場廃止へ、アパート投資の未来は暗いのか?」というコラムを読んで

先日、非常に気になるコラムが目に飛び込んできました。

シノケンが上場廃止へ!ということで、内容を要約すると以下の通りです。

・建築費高騰、地下高騰によって顧客である投資家に魅力的な利回りを提示できる商品開発が難しい

・そのような環境の中で成長を求めた場合、営業的にさまざまな無理を生じ、コンプライアンスを維持しずらくなる

非常に共感、、というか同情したくなる内容です。

私自身もかつてはプロパストというデベロッパーに勤めておりました。

地価高騰局面の中、それでも営業には仕入れ金額目標を課され、

そしてそれを実現しようとすると、割高であっても不動産を購入せざる得ない状況になるのです。

私は、いくら目標達成とはいえ、会社の利益を損ねるような仕入れはしないと決めてましたので、

結果として成績は上がらず、待遇も悪くなったと言う憂き目にあったことを覚えています。

正義とは何か?そんな葛藤の日々を重ねていました。

2008年の頃のことでした。

その葛藤の日々は、リーマンショックによって跡形もなく消し去れれましたが。。

これはシノケンに限った話ではなく、

10年近くの長きに渡って続いた投資用不動産のボーナスタイムがすでに終わってしまってることを示してる象徴的なニュースであると見ています。

その次に向かう先の候補としては、高齢者住宅や民泊など、オペレーション力が問われるような開発物件なのではないかなと思います。

事実は、2022年7月以降は、大手デベロッパーからの相談依頼が急増しています。

これまで培ってきた民泊・無人ホテルに関するオペレーション力がもっと多くの方にお役に立てるときとワクワクした気持ちが抑えきれません。

そのコラムのリンクはこちらです。

https://www.rakumachi.jp/news/column/296461

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI