KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2022
9
14

自分自身が経営者として歩んだ道は意外と典型的な通過儀礼なのかもと知る

2010年、当社は北海道初のシェアハウス事業者として創業しました。

その後、2015年からは民泊運用代行に主力事業を替え、ここまでやってきました。

12年にも渡る月日は、私を30代前半の鼻っ柱の強い自信と体力に満ち溢れた青年から

ちょっとだけ分別のある40代中盤の中年へと変えました。

業績は、右肩上がりを続け、時にはシェアハウスや民泊の第一人者と持て囃されることが常でもありました。

コロナ禍までは。

そこで初めて急成長から急降下という苦渋に満ちた日々を味わうことになりました。

自分の歩んできた経営者人生は、独特のものであり、誰にも理解できるはずはない、

そんな思い込みがありました。

そんな私だからこそ、あまりにも辛く、あまりにも先の見えない日々ではありましたが、

幸いにもEOという経営者の団体に属していたので、

多くの経営者からその歴史(経営だけでなく人生含め)を直接聞く機会を多く得ることができました。

「何か経営のヒントになることはないか!」それを求めていた私が思い知らされたのは、

以下のようなことでした。

 ・大成功者と呼ばれる人だって、どん底時代を味わい、それを乗り越えている

 ・急成長中に犯しがちな過ちは皆、大体同じ

 ・辛いのは自分だけではない!

そういうことを知れば知るほど、今、

自分が置かれている状況が自分が目標に辿り着くための通過儀礼に過ぎないのだと

思えるようになりました。

そこで得た揺るぎない確信の言葉を毎日のように朝礼で社員に語り続けました。

私にあるのは、

「インバウンドは必ず戻る、そして市場は大きく成長する、

 その時に我々MASSIVE SAPPOROは、もっとも必要とされる存在になる」

この一点でした。

それが嘘でなかったことを証明できる日が近づいてきてます。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI