KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2022
10
28

潮目が変わったのは2022年3月です!

  世の中は、全国旅行支援やインバウンド急回復など、コロナ禍の反動需要というのが、

   メディアを賑わせてます。

   私の実感としては需要回復局面を実感したのは、今年の3月でした。

   これは当社としても予想外でしたし、世間的にもあまり知られていないことでした。

 

   札幌のみならず、本州・九州など様々なエリアで展開してるからこそ、知り得たことでもあります。

   また、シングルやツインという2名収容の客室ではなく、4名から12名程度を収容するグループステイ向けに特化していたか

   らこそ知り得たことでもありました。

  学生さんの春休みの旅行(卒業旅行のみならず)の宿泊先として、当社のUCHIシリーズをはじめとしたグループステイ

  向けの宿泊施設が選ばれるようになり、airbnbを通じての予約にも抵抗感がなくなっているという状況が顕在化した。

  それが2022年3月なのでした。

  以後、8月には、学生さんだけでなくファミリー層も目に見えて増え、全国的に高稼働状況になりました。

  タイトルにある潮目が変わったというのは、「インバウンドが回復した」ではなく、日本人が、airbnbや民泊や

  グループステイ向けの宿泊施設、当社のUCHIシリーズなどを認知したことを言います。

  2022年8月はインバウンドがない中で、2019年と同水準の稼働であったわけです。

  これにインバウンドが加わると非常に力強いマーケットが形成されることとなります。

  また、今後もパンデミックが発生した際、それでもなお日本人だけで一定量の稼働が見込めるという状況にもなります。

  その点から見ても、やはり潮目は変わったと言えるでしょう。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI