KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
4
4

建設業の許認可を取る!!!

シェアハウスにしても民泊にしても既存物件をベースに事業を進めてきましたが、
建物の要件が制約となるケースがあまりにも多く、チャンスの宝庫とも呼べる状況を
どれだけ掴みきれてこなかったことか。。。
もちろん、既存案件のメリットは、沢山のあるので、ずっと追い求め続けます。

そのメリットを3つ挙げるならば、
① 安い
② 早い
③ 味わい深い

ということになります。
不動産業界もそれなりにトレンドは、目まぐるしく変わるので、「早い」というのは、
特に強いメリットです。

一方で、新築のメリットは何かと言えば、
それは、その高い自由度と言えます。

「思うがまま」

その土地独自の法令上の制限というのはありますが、その範囲内なら自由です。
これは、私からすれば、とてつもない自由です。

確かに、既存物件をリノベするよりも価格は高いかもしれませんが、
現実問題としては、融資において有利な場面も多く、さらには、工事予算がブレにくく、
再販するにも高く売れる可能性が大きくアップするわけですので、止める理由にはなりません。

とは言え、工事会社の見積もりも年々高くなってきているのは、事実ですので、
だったらMASSIVE SAPPOROが、建設業の許認可をとった方が早いだろうと思うのです。

やりたい、できたらいいな、ではなく、やる!やれる!

というわけで、専任技術者の方、募集しております。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI