朝礼の言葉から抜粋  宅建試験を目指す人のための言葉

宅建試験について

 宅建試験に挑戦している人が何人かいるかと思います。

 私の経験上、7月になったら、もうエンジン全開宅建集中モードに切り替えるべきです。

 ・一分一秒を無駄にしない計画性

 ・限界的な勉強時間の確保

 ・誘惑との戦い

 様々な要素がありますが、一番大事なのは、「この苦しい思いを絶対に来年に持ち越さない」という断固たる決意です。

 「今年必ず合格する」ということは、今年、試験本番で、突然の高熱体調不良が起こっても、うっかりミスで解答欄が全部ずれていても、

 普段では起こり得ないようなケアレスミスを連発しても、何が起こっても今年合格するということです。

 例年の合格点は35から36点という試験ですが、40点以上を安定して獲得する能力を得る必要があります。

 そのためには、45点を目標に勉強するということです。

 36点を目標にした勉強と45点を目標にした勉強では、時間にすれば4倍くらいになります。

 けれども36点を目標にし、本番を迎えた場合は、合格率は50%になります。

 50%の確率で、この苦しみは、来年も続くのです。

 だから、今年受かるのであれば、それになりに気合をいれるべきです。

 社員へのお願いとしては、宅建の勉強をしている人を遊びに誘わないでください。

 これができる優しさの一つです。

関連記事

NEXT:

PREV: