仕事があることに感謝

しばらく年末年始のお休みを頂戴して、かなりの仕事への渇望感を感じることができました。

 

そんな中、ある思い出が蘇りました。

 

それは、失業時代を経験した頃のことでした。

新卒として入社した会社を111ヶ月でクビになってしまったのです。

まだ景気も悪く、転職活動も大変厳しいものでした。

この時のことは、まだハッキリと覚えてます。

お金もなくなり履歴書に貼る写真代もなくなった時、親に頼んで3万円を送って貰ったのでした。

貧乏で辛い。

しかしそれ以上に辛かったのは、「仕事がない」ということは、「世の中から必要とされていない」

という現実をハッキリと思い知らされるという精神的な点でした。 その後に勤めた会社では、本気で死に物狂いで頑張ることができました。

それは、「仕事があるだけでこんなにも幸せだ」ということを心から思っていたからやれたと思います。

最近読んだ本に、こう書かれてました。

「人間の究極の幸せは、人に愛されること、人に褒められること、人の役に立つこと、人から必要とされること、の4つです。

働くことで、愛以外の3つは、得られる。愛だって一生懸命頑張れば得られる」と。

仕事があることに感謝して、今年も頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

関連記事

NEXT:

PREV: