『チームのことだけ考えた』青野慶久著 

サイボウズの社長が書いた本です。

私もサイボウズLiveには10年近くお世話になっており、身近に感じる会社ではありましたが、

この会社が行なっているユニークの勤務体系が、どのように形作られたかが、深く理解できるように書かれております。

他社の成果を挙げている様々な仕組みややり方というのは、経営者にとっては飛びつきたくなる気持ちになるものです。

ですが、その仕組みがその会社でワークするための必然性とかストーリーとか導入せざる得なかった事情とか、

そういうことがないと、単なる猿真似になってしまいます。

 

この本で強く感じたのは、ユニーク制度ありきではなく、まず、理念やビジョンがあり、それを実現するためには、

何かを選び、何かを捨てる必要があり、そして一番大切なこととして残ったのは「多様性」だったと言うことなのです。

その「多様性」を実現するために、

働き方をどう変えなくてはならないか?という問いからスタートした様々な制度だったと言うことでした。

 

今後の時代、採用力というのは間違いなく企業の盛衰を決める重要な要素となります。

そこで勝つための会社にしたいと思います。

当社は、すでに非常に魅力的で優秀な社員が多くおりますが、ラッキーパンチ的に出会うのみならず、

狙って獲得できるだけの力を持ちたいと思います。

どうしてもここで働きたいという会社になるためにもっともっと出来ることがある。

そう思います。

 

そう決意させてくれる本でした。

そして、猿真似ではなく、真剣に考えた結果として、サイボウズと同じような働き方に近づいていくことは有りだと思ってます。

 

関連記事

NEXT:

PREV: