財界さっぽろの記事について

最新号の財界さっぽろに、

「新法施行から半年トラブル総ざらい」というタイトルで2ページの記事で民泊について特集されております。

事業主(ホスト)と代行会社の間で、家具セッティングに関するトラブルが発生し、

裁判沙汰になっているという内容です。

どちらの言い分が正当なのかを判断するには私にとっては情報が少ないので何とも言えません。

ただし、当社ではコミュニケーション上の齟齬があった場合、

発した側に責任があるという考え方を徹底させてます。

そういう意味では業者側が無責任ということはありえないでのはないかなという印象です。

 

ちなみに、この記事に使用されている写真ですが、当社のチラシやポスターに使用しているのと同一のものなので、

このトラブルを起こしている業者が当社だと勘違いする人が現れてもおかしくないなと思いました。

フリー素材の使用は今後は控えようと反省。

関連記事

NEXT:

PREV: