『コーポレートコーチング』(苫米地英人著)

私が尊敬している経営者が最近『ゴールを更新する』という言葉を使うようになったなーと思っていましたが、

その方から勧められた一冊。実際、その方はコーチングの勉強をしており、この本に書かれていることを本気で実践している。そういう姿勢も本当に尊敬。

 

で、内容はというと大きな学びが沢山ありました。

□(現状の最適化は進化ではなく退化である)

 (進化とは現状の外側にGOALを設定しそれに向けて進むこと)

 この本では、ダーウィンの進化論は、進化ではなく退化であると論じてます。

海の生物が海で暮らしている以上は、そこで何かしらの変化を遂げたとしても、それは現状の最適化であると。

そして、海から陸へと生活の場を変えることこそが、進化と呼べるものだと。

そう書かれてあります。

 

料理学校に通っている人が、料理人を目指す。これは、現状の延長線上です。

しかし、世界一の料理人を目指すとか、革命的な料理技法を編み出すとか、

そうなるとこれは、それは「現状の外側にGOALを設定」した状態と言えます。

 

そういう意味で、当社の今後のGOAL設定も現状の最適化になってはいないか?と自問自答しましたし、

いや、実際にそんな感じになっている感があったので、「現状の外側のGOAL」を設定するための問いを立て、

もがいてます。

これは経営者のもっとも大事な仕事だなと思います。

 

 アマゾンプライム会員の方であれば、Kindle版、無料で読めます。

 私は、読むというよりは聴いてます。

 iphoneであればkindleをオーディオブック化できますので、おすすめ。

 具体的な方法はこちらから

 https://mats2.net/kindle-audiobook

関連記事

NEXT:

PREV: