民泊から旅館業への用途変更
MASSIVE
Works
Works7
実は当社は設計事務所でもあります。
民泊から旅館業への用途変更もやってます!

民泊から旅館業への用途変更

あまりアピールしておりませんが、当社には一級建築士二級建築士が複数人所属している建築士事務所でもあります。
だからこそ、用途変更など、専門性の高い業務も当社では実現可能です。
民泊から旅館ホテル・簡易宿所への用途変更を中心に実績を増やしております。

具体的には、戸建やビル、高齢者施設からの転用は、チャンスが多いです。

2019年4月に西18丁目に事務所移転しましたが、その目的の一つは、保健所が近いということがあります。フットワークの軽さ、そして保健所との関係の深さも重要な鍵となることは間違いありません。

  • 設計デザイン
  • 無人ホテル
物件名
民泊から旅館業への用途変更
期間
2019年3月
所在地
札幌市中央区南2条

プレイス11ビルですが、詳細情報は企業秘密とします。


Recommend

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list