KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
2
3

全国展開してます!

北海道の観光業は、繁閑差が極端なので、
当社のみならず業界関係者にとって長年の悩みです。
例えば、2月の雪祭りというトップハイシーズンの翌月である3月は、一番暇な時期になるのです。
「いくら人がいても足りない2月、人を持て余す3月」
 
2月については、
当社は250室のシェアハウスの管理運営していることが功を奏しました。シェアハウスにいる求職中の人に声をかけて、期間限定で働いてもらうことができたのです。日頃からコミュニケーションが取れているので、「誰が今、暇しているか」がわかるのです。
 
では、3月は?
これについては、エリア分散を行いました。
つまり3月が繁忙期になるエリアに進出することです!
 
ここには葛藤がありました。
社名がMASSIVE SAPPOROです。
企業理念が、「北海道を愉快に楽しくMASSIVEに!」です。
なぜ道外なのだ?ポリシーに反しないのか?とか、
自問自答を繰り返しました。
 
ですが、ニトリやツルハ、Homacのように北海道という厳しい環境で培った力を道外で存分に発揮すれば良いという考えに至りました。
結果、繁忙期閑散期の平準化が大きく進んだだけでなく、
 
コロナ禍においても好調なエリア(横浜とか別府)があったおかけで、2020年を力強くやり切ることができたなと思いました。
また、他社からの乗り換えによって進出したケースがあったので、私たちのノウハウのレベルというのが全国的にも通用するものと自信が持てたのも大きかったです。
緊急事態宣言はまだ継続ですが、我々の攻めも継続します!!
全国どこでもやります!!
SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI