KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
3
4

不動産活用と民泊について

不動産活用としての民泊は、その背景に不動産価格高騰による不動産投資の利回り低下があります。

不動産投資家は、より有利な投資対象を求めた結果、民泊や無人ホテルの方が「利回りが高い」ことに気づき、

2015年頃から雪崩れ込んできました。

私も不動産投資家向けのセミナーに登壇ばかりしていた時期もあります。

2018年6月の民泊新法施行後は、不動産管理会社が、自社が抱える空室を次々と民泊にしたり、民泊用の物件開発(合法になったことで、銀行が融資をし始めたので)によって、急激に供給が増えて、激しい過当競争になって業界全体が弱った頃に、コロナ発生という歴史を辿ります。

不動産活用としての民泊は、大別して以下の4つが挙げられます。

1)既に所有しているアパートや戸建ての空室を収益化
2)民泊用の物件の取得、新築
3)地方における空き家対策
4)大手企業が所有する遊休資産の活用

どの文脈もそれなりマーケット規模があり、

そして、不動産仲介やリフォーム工事などの業務も付随します。

当社は、一級建築士やインテリアコーディネーター、アンティークを扱う古物商まで自社内に抱えており、
高度な法律知識が求められる案件にも対応します。

今後は、そのような相談全般を受ける民泊相談窓口を開設していきたいと思います。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI