KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
3
8

昨年、民泊をなぜ止めずに続けてるのか?と心配され

東京にて所属している経営者の会において、強い信頼で結びついた仲間との会食の中、

コロナ禍で苦境に陥った当社のことを心配し、「なぜ民泊にそんなにこだわっているのですか?」

「インバウンドは当面は戻ってことないでしょう。事業転換した方がよくないですか?」といわレることが何度かありました。

昨年の先行き不透明感の強い状況の中、確かに、早々に事業を縮小した会社も多くあり、それに比べると私は、頑固で無策のように

見えても仕方がないなと思うこともありました。

それに対する私の答えは2つで、これは当時も今も揺るぎません。

1つは、「お世話になった業界だから」というものです。

そのおかけで、多くのメンバーや顧客、 妻、子宝に巡り合え他のです。

というか私が作った業界だからという自負がある

(これは、札幌だけの話ですが、とはいえ2013年からというのは全国的にもかなり早い)

もう1つは、インバウンド市場ほど確信の感じられる成長産業は、やはり見当たらないということ、

そして民泊市場において当社は全国有数のプレーヤーであり、そのノウハウとポジションは、

インバウンド回復の時期に誰もが必要とする珠玉のものとなると確信していることです。

 

最近はそう言われることは減りました。

きっとワクチンのことが影響しているのかなと思います。

私も昨年時点ではワクチンはもっと遅いと思っていたので。

 

つまり、揺るがない信念をどれだけ持てるかの勝負でもあるなと思うんです。

信念勝負なら勝ちますよ。余裕で。

 

 

 

 

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI