KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
11
8

短時間プレゼンは難しい

7分という短時間のプレゼン

トマス・ウッドロー・ウィルソン(アメリカの第二八代大統領)は、歴代の大統領の中でももっとも演説がうまかったといわれていますが、

あるとき、こんなことを言った、と伝えられてます。

「二時間の講演なら、いますぐでも始められるが、三〇分の話だと、そうはいかない、二時間くらい用意の時間がほしい。

三分間のスピーチなら、すくなくとも一晩は準備にかかる」

私自身は、これまでの経験からまさにその通りだと実感してますし、そのようにしないと必ず失敗します。

短時間のプレゼンというのは本当に難しいものです。

今回、1027日に開催された北海道移住ドラフト会議というイベントで、与えられたプレゼン時間は7分でした。

これを当社広報担当に任せることにしました。

今までであれば、代表である私がやっていましたが、

成長の機会を作りたい想いと、広報担当がやった方が効果が高いだろうという

計算があり、このようなを決断しました。

結果としては、大成功。

非常に堂々と朗らかに当社のアピールをしてくれました。

また、多様性のある当社の事業とムードを短い時間で伝えるため、

人知れず、何度も何度も練習を重ねていた努力をしてました。

この難易度の高い使命を努力によって乗り越えたので、今後もうまく行くはずでしょう。

社長は「俺がやった方が一番うまく行く」という段階から、

どんどんと人に任せる段階に上手に移行しなくてはなりません。

また一つ、それが実現できたのだと思い感無量です。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI