KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
11
14

カンボジアに行って思ったこと

既視感、

 それは20年前にタイバンコクに訪れたときと同じものでした。

 当時20歳だった私が、40歳になり、そしてカンボジア首都プノンペンで同じ気持ちを抱いてることに、

 不思議さを感じずにはいられません。

 活気があり、そして人々の表情は一様に明るい、貧しいけど、未来は今より確実に豊かになっている。

 その確信がすぐに伝わってくるのでした。

 村上龍の著書「希望の国エクソダス」の中で、「この国には何でもある。だが、希望だけがない」と書かれたのは、

  1998年とちょうど今から20年前のことです。

 当時、「失われた10年」と言われ、それが20年となり、そしてもう30年になろうとしている。

 それが日本です。

 私の人生の40年のうち、30年は失われていたのかと思わず苦笑いしたくなりますが、

 景気や環境によって幸不幸は決められたくはありません。

 じゃあどうするのか?

 私の考えは、ローカリズムとグローバリズムの両方に軸足をおけるようにする生き方というのが重要ではないかと思います。

 私は生まれ故郷である札幌にて事業を行い、そして生まれ育った実家付近に住み続け、

 遊び仲間も小中学校時代の人が中心とよく言えばローカリズム愛、悪く言えばマイルドヤンキー的なライフスタイルを実践しています。

 事業としては、札幌を中心に行ってはおりますが、

 国際的な人材を集めインバンドを顧客とし、グローバルとも関わりを持っています。

 プライベートの部分でのグローバルとの接点が足りなことが分かります。

 だから、そのための準備を着々と行っています。

 妻と子供は、どのタイミングで東南アジアに引越ししようか?どの国にしようか?とか。。。

 昔ならかなりマニアックな話かもしれませんが、今後はかなり当たり前の選択肢になるべきと思ってます。

 少なくともカンボジアの若者の希望に満ち溢れた表情を見て、

 子供にはこう育って欲しいと思ったのです。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI