KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
12
1

原点について思うこと

いつの時代も

若者は

音楽を渇望することは変わらない

社会背景、流行、テクノロジーの変化に敏感に反応するポップミュージックは、常に新たなスタイルを生み続ける。

私自身、18歳から22歳の4年間は、学者の知識欲のように音楽を貪り聞いた。

人の音楽の器というのはそれ程大きいものでないのか、その時期に聞いた音楽が、

ギュウギュウに満たしてしまったためか、23歳以降に知った音楽は、良いと思うことがあっても自分の引き出しに入ることは全くない。

幸いだったのは、その4年間は、リアルタイムな音楽だけでなく、

70年代、80年代音楽も含まれていたので、色々な世代や国籍の人と音楽を通じて仲良くなった経験が得られたことは嬉しいことだった。

MASSIVE SAPPOROの社名の由来は、当時、大好きだったMASSIVE ATTACKから貰った。

それは、大学卒業後、音楽に対する情熱が急速に少なくなった中、自分の原点を忘れないためというところが大きい。

自分の原点は、やはり学生時代にあるし、その時に自分が理想と思った生き方を

いかに貫くかということが自分にとってはずっと重要なテーマだと思う。

それは何か?

それは、「遊び心」ということだと思う。

大真面目に遊ぶという感覚。

それを実証するには、もう少し時間がかかるかもしれないけど、その道をしっかりと歩んでいる気はしている。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI