KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2019
6
14

夢は必ず叶うと実感した5月!

私が初めて「ホテルをやりたい!」と思ったのは、2007年(当時 28才)のことでした。

当時勤めていた会社の指令によりロスアンジェルスのデザイン性に優れたホテルを調査することとなり、

実際に現地で衝撃を受けたことがきっかけでした。

特に理想形と感じたのは、the standard です。

(参考 URL https://www.vogue.co.jp/lifestyle/hotels/the-standard-high-line )

デザイナーは、ローマン&ウィリアムズで、これはエースホテルとも同じで、とても格好良いです。

ですが、私が魅了されている点は、ちょっぴりアホというかかなり遊び心に溢れている点です。

そもそもthe standardのロゴは、上下逆さですので、「普通ではない!」が、コンセプトであることは一目で分かります。

例を挙げれば、the standard hollywoodでは、フロントの背景に、絵ではなく、水槽に入った生きてる女性モデルが居たりします。(日記を書いたり、寝てたり気ままに過ごしてます)

男性トイレに貼ってあるポスターには、風俗情報誌の切り抜きだったり、メニューブックの表紙がB級アイドルのプロマイドだったり、とにかくツッコミどころが満載です。

the standard downtownは、週末の夜は屋上でクラブパーティーが開催されており、ローカルの社交場としても存分に機能していました。

 

そういう理由で、いつか自分もホテルを!と思いながら生きてきて12年後、ついに無人ホテルUCHIという形で夢が実現したんです。(厳密には1月にオープンしたのがありますが、私は担当してなかったので、、、これが私にとってはという思いです)

UCHI Living stay Hachiken stationと言います。

八軒駅徒歩3分、全室駐車場付、6室から構成されるアパート型コンパクト無人ホテルです。

 

はっきり言って嬉しい。

この機会を与えてくださったオーナー様、設計事務所 創作工房さん、川村工務店さん、MASSIVE SAPPORO各部署の皆さん、金融機関、土地を紹介してくださった仲介業者さん、多くの方にお礼を言いたいです。

本当にありがとうございましたー!

 

あとアパート用地探してます!ご紹介いただけると助かります!

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI