KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2019
9
18

「僕は君たちに武器を配りたい」(瀧本哲史著 2011年)

先月亡くなられた瀧本先生の著書を8年ぶりに再読。

2011年といえば、私が独立を実行した年であり、最後の後押しになったのは、

レアジョブ加藤社長(当時)の一言とこの本の存在だった。

 

当時、衝撃的だった内容も今では随分と当たり前のこととして感じられるのは、

その先見性の高さ故のことと感服する。

 

TAV(take away value)したい内容を以下に羅列します。

 

・なぜほとんどの学生ベンチャーが失敗するのか?

一時の成功が労働力の安さと暇故の速さによるものであることが多いから

・儲かる漁師分類

トレーダー、エキスパート、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスター

そのうち、トレーダーとエキスパートは、今後は厳しくなる

・商品にストーリーを乗せて売る

ニンテンドーWiiは、枯れた技術の集合体にすぎず、斬新だったのは、「体感で操作が理解できる」「大人数で同時に遊べる」というコンセプト。

 

・ある分野では、コモディティ化して価値を失ってしまった技術でも、全く別の分野で応用することで新しい価値を生み出す可能性がある」

 

NOKとガラスメーカーの事例

 

・起業するときは仮想敵とも言える存在がマーケットに存在することが重要

私個人的にハッとした。シェアハウスも民泊も当時は競合がいない中からのスタートだった。

今後は仮想敵がいて、それにいかに勝つかから発送すべきと思う。

(マーケットがあることが既に証明されているわけだし、やっぱ、重要だよな)

 

 

書ききれないから、これくらいにしますが、是非とも手にとって欲しい本です。

2019年にこの本を読んだとき、どれだけ当たり前と感じられるか?そういう視点で読むと面白いかも。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI