KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
1
26

『コーポレートコーチング』(苫米地英人著)

私が尊敬している経営者が最近『ゴールを更新する』という言葉を使うようになったなーと思っていましたが、

その方から勧められた一冊。実際、その方はコーチングの勉強をしており、この本に書かれていることを本気で実践している。そういう姿勢も本当に尊敬。

 

で、内容はというと大きな学びが沢山ありました。

□(現状の最適化は進化ではなく退化である)

 (進化とは現状の外側にGOALを設定しそれに向けて進むこと)

 この本では、ダーウィンの進化論は、進化ではなく退化であると論じてます。

海の生物が海で暮らしている以上は、そこで何かしらの変化を遂げたとしても、それは現状の最適化であると。

そして、海から陸へと生活の場を変えることこそが、進化と呼べるものだと。

そう書かれてあります。

 

料理学校に通っている人が、料理人を目指す。これは、現状の延長線上です。

しかし、世界一の料理人を目指すとか、革命的な料理技法を編み出すとか、

そうなるとこれは、それは「現状の外側にGOALを設定」した状態と言えます。

 

そういう意味で、当社の今後のGOAL設定も現状の最適化になってはいないか?と自問自答しましたし、

いや、実際にそんな感じになっている感があったので、「現状の外側のGOAL」を設定するための問いを立て、

もがいてます。

これは経営者のもっとも大事な仕事だなと思います。

 

 アマゾンプライム会員の方であれば、Kindle版、無料で読めます。

 私は、読むというよりは聴いてます。

 iphoneであればkindleをオーディオブック化できますので、おすすめ。

 具体的な方法はこちらから

 https://mats2.net/kindle-audiobook

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list