KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
5
9

写真プリント市場は、デジカメにとって変わられ

そんな中、富士フィルムは、カメラフィルムという本業が十年で消滅し、今や化粧品などを作ってます。
新しいテクノロジーが既存市場を消滅させる典型例、そして本業転換の成功事例として有名です。

私たちのインバウンド旅行市場はどうか?ちょっと考えてみます。
まず、このような数字があります。

1995年 全世界の人口56億人に対して5億人 (約10%)
2018年 全世界の人口73億人対して14億人 (約20%)

どう解釈すべきか?
まずは世界の人口は増えているということ、そして海外旅行をする人の割合も増えているということです。
また日本には、2030年前にインバウンド6000万人を目指す!という目標もあります。

一年というタームで見れば、コロナ渦の影響を直撃する中、非常に厳しい事業を当社はやっていると言えます。
二年というタームで見れば、残存者利益を獲得できるチャンスがあると言えます。

でも本質は、この十年という流れの中では、成長市場に身を置いているということで、
そのマーケットの中で、勝つべくして勝つための力を蓄えることが大事だろうと思うわけです。
我々が最も経験値が高く最も誠実に遵法性に厳しくやってきたという事実があるということに尽きます。
 ※遵法性に甘い同業者は正直多いですよ。

カメラフィルムのような衰退市場ではなく、成長市場に身を置いている事実は、アフターコロナがどうであっても揺るがないと私は思います。
そしてそのライバルが激減しそうということも間違いなさそうです。
こんな状況は願っても簡単に訪れるものではありません。

理念である「北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」に向けて大前進するチャンスでもあります。

ハッキリ言って嬉しいです。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI