KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
5
28

札幌空想不動産の役割を変える

 札幌空想不動産の歴史は、2011年5月にまで遡ることができます。

 当時、東京でサラリーマンだった私は、震災後間もない中、シェアハウスの仲間と

 楽しい語らいを夜の23時までラウンジで行った後、23時から夜中の3時まで、

 このサイトへの投稿をコツコツと行っていたのでした。

 この札幌空想不動産は、当時、今以上に存在感の大きかった東京R不動産のフォロワー的な存在として意図されており、

 ターゲットとしては、「リノベーション」とか「味わいのある暮らし」というライフスタイルを大事にする方でした。

 実際、この空気感が好きで問い合わせいただいたことによって接点を持ち、クライアントになった方や社員になった人、

 シェアハウスに入居した方などがおりました。

 また、イベント情報などもここで告知し、これまで接点のなかった参加者を募ることに寄与しました。

 (FBでの告知だと、どうしても知っている人に限定されてしまう)

 

 2015年頃から、少しずつ民泊や投資系にシフトをし、ターゲットが投資家に変わって行きました。

 

 現在、不動産投資のマーケットは先行き不透明であり、また、その層との接点は、コーポレートサイト や

 MASSIVE SAPPORO HOST HPや過去問い合わせ客などがあります。

 一方で、実需やリノベ 層への訴求手段はありません。

 

 そのため、札幌空想不動産をリノベ 層に訴求するサイトとしてリニューアルします。

    お楽しみに!

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI