KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2018
7
12

朝礼の言葉から抜粋 宅建試験を目指す人のための言葉

宅建試験について

 宅建試験に挑戦している人が何人かいるかと思います。

 私の経験上、7月になったら、もうエンジン全開宅建集中モードに切り替えるべきです。

 ・一分一秒を無駄にしない計画性

 ・限界的な勉強時間の確保

 ・誘惑との戦い

 様々な要素がありますが、一番大事なのは、「この苦しい思いを絶対に来年に持ち越さない」という断固たる決意です。

 「今年必ず合格する」ということは、今年、試験本番で、突然の高熱体調不良が起こっても、うっかりミスで解答欄が全部ずれていても、

 普段では起こり得ないようなケアレスミスを連発しても、何が起こっても今年合格するということです。

 例年の合格点は35から36点という試験ですが、40点以上を安定して獲得する能力を得る必要があります。

 そのためには、45点を目標に勉強するということです。

 36点を目標にした勉強と45点を目標にした勉強では、時間にすれば4倍くらいになります。

 けれども36点を目標にし、本番を迎えた場合は、合格率は50%になります。

 50%の確率で、この苦しみは、来年も続くのです。

 だから、今年受かるのであれば、それになりに気合をいれるべきです。

 社員へのお願いとしては、宅建の勉強をしている人を遊びに誘わないでください。

 これができる優しさの一つです。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI