MASSIVE Blog.

広報ブログ

2021
7
29
お知らせ メディア掲載

シェアハウス事業譲渡のご報告

この度、当社は祖業であるシェアハウス事業を、中部地方最多室数のシェアハウスを運営する株式会社シェア180(読み方:シェアワンエイティ 本社:愛知県名古屋市中川区、代表取締役:伊藤正樹)に、2021年8月1日(日)付にて譲渡いたします。


▼提携に至った背景

先述の通りではございますが、当社は2010年の創業時からシェアハウス事業を始め、道内外の若者や外国からの留学生・ワーキングホリデー利用者などを主な入居者とし、道内11棟206室まで拡大してまいりました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で外国人入居者数が落ち込み、クラスターへの懸念などから国内在住者の入居者数も低迷。シェアハウス稼働率向上のために、シェアハウスを専門に運営コンサルティングも手掛ける『シェア180』に当該事業を譲渡するに至りました。

シェア180は、「シェアを通じて人生を180°変えよう」を理念に、中部地方では最多の42棟602室のシェアハウスを運営し、金沢営業所の設立、東京営業所の設立、東証一部上場企業のシェアハウス事業のコンサルティングを手がけるなど、コロナ禍でも運営物件を伸ばし続けております。今回の事業譲渡を機に、北海道営業所を立ち上げ、北海道での新規シェアハウスの企画開発を行ってまいります。

 

▼今後の展望

当社の主力事業である民泊と無人ホテルは回復の傾向が見られており、コロナ禍で密を避けて旅行する国内観光客が増え、7月下旬の連休は民泊の予約数が6月と比較して約5倍にまで伸びました。民泊・無人ホテル事業の将来性には経営リソースを集中する価値が十分あるもので、今後もより一層注力し、よりよい宿泊体験の提供に精進して参ります。

 

▼関連記事

日経新聞 北海道版・東北版・中部版 2021年7月27-28日付
民泊のマッシブ、北海道のシェアハウス事業を売却へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC268BV0W1A720C2000000/

▼シェア180について

会社名:株式会社シェア180
所在地:愛知県名古屋市中川区高畑5-37-2
代表者:伊藤正樹
設立:2014年7月2日
URL:https://www.sharehouse180.net/
事業内容:シェアハウス事業の企画、運営、及びコンサルティング業務、人材紹介事業、シェアハウス入居者へのスカウトサービス業

 

本件に関する取材のお問い合わせは、下記までお気軽にご連絡くださいませ。

株式会社MASSIVE SAPPORO 広報
TEL : 011-676-9718 (火〜金 10:00-18:00)

 


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI