KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
5
17

民泊・無人ホテルのマンスリーマンション利用・レンタルスペース利用の現状

コロナ禍によって稼働が下がってしまった民泊・無人ホテルの活用法として、

マンスリーマンション及びレンタルスペースも行っております。

マンスリーマンションについては、札幌を中心に一部の物件で先行して運用しておりますが、

多くの物件で予約が入っており、効果を感じます。

期間としては1ヶ月から3ヶ月が多く、中には1ヶ月の予約が延長となるケースも見受けられます。

事業主様の受取金額については、手数料・清掃料を差引後で6万円代から9万円程度(規模による)と、

コロナ以前の状況と比べれば寂しい数字ではありますが、

オリンピックシーズンを避けながらであれば、十分にやる価値があるものと思います。

なお人気があるのは、1Rか1LDKで、それ以上の大きな間取りでは今のところ問合せすら入っておりませんので、

そのような部屋を運用している方には強くお勧めしたいと思います。

またレンタルスペースについてですが、主には、space marketでの予約受付となります。

こちらは、パーティー利用・撮影会利用でのニーズが全体の9割を占めております。

残りの1割では、結婚を控えたご家族両家の面会の場というのもありました。

多くの部屋で予約が発生しておりますが、一予約あたりの収益は、3000円から5000円程度です。

人気物件でも月額の収益は5万円にまでは達しません。

マーケットとしては安さを重視する傾向が強く、値段を少し下げただけで顕著に予約が増えます。

まだまだ、当社にはこのノウハウは豊富であるとはいえませんが、早急にベストな方法を見出し、

お勧めできる状態にできるよう試行錯誤を繰り返しております。

またレンタルスペースは、マンスリーマンションとは異なり、大きな間取、

戸建てタイプの方が有利です。

こちらについてもノウハウを蓄積し、より良い運営ができるよう鋭意進めております。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI