KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2021
6
10

問い合わせのメール  この一本のメールがどれほど嬉しいか!

 問い合わせのメール 

この一本のメールがどれほど嬉しいか!

私が起業したばかりの頃、と行っても事業はシェアハウスBUIE宮の森しかなかった2011年3月。

完成したばかりの物件の写真を「ひつじ不動産」に掲載しました。

まだかまだかと問合せを待つこと、1週間が経過し、初めての問い合わせがありました。

その時の喜びはいまだに褪せることなく覚えてまいます。

嬉しくて嬉しくて、当時は東京でリアルゲイトという会社で勤務しながらでしたが、

後輩から「川村さん、どうしたんですか?」と心配されるほどでした。

その嬉しさは、1週間くらい続き、寝ても覚めてもといった感じでした。

自分の存在がこの世界から肯定されたような、これまで生きてきた苦労の全てがここで報われたような、

そんな心境でした。

 

2012年、新規相談の問い合わせは何件あったのか?

1年を通じて2件です。

その1つは、BUIE伏見、もう一つはBUIE文京台となりました。

そうやって一つ一つ必死に紡いできた歴史があります。

たった一件の問いあわあせでも疎かにしていたら今はありません。

2021年、今現在、日々に多くの問合せのメールが来ます。

シェアハウス新規、民泊の新規、無人ホテルの新規、採用希望者、住込管理人、

さらには既存クライアント様、行政、ゲスト様。

社員の皆さんにとってはとても大変なことだと思います。

それは、ゼロから始まった私からすれば、全てが贅沢なことだなと思います。

それが10年で培ってきたこれまで関わってきてくださった多くの人の力の結晶であることを絶対に忘れてはならないと

気を引き締めました。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念のもと、この北海道から日本全国に向けてサービスを展開しています。

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートします。(対応エリア:日本全国)

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    労働人口減少社会を見据え、無人ホテル事業を全国で展開しています。地方や小規模でも採算性が高く、非対面非接触での滞在が可能なため、事業者・宿泊者双方から好評です。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI