KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
5
5

読書感想 「派遣添乗員ヘトヘト日記」

全く期待していなかった書籍、映画、漫画、

音楽などが結果として自分にとってのベストになる事例は多い。

この書籍もその一つに入るだろう。

というか、キンドルで別の本と間違って購入したものだったので、

期待も何もあったものではない。

とある読書会の課題図書として「交通誘導員ヘロヘロ日記」が指定され、

キンドルで読もうと買ったのが、この「派遣添乗員ヘトヘト日記」なのだった。

「交通誘導員」と「派遣添乗員」を間違えるはずないだろうと言われてしまいそうだが、

「交通誘導員ヘロヘロ日記」が予想外にヒットしたため、二匹目のドジョウを狙う意図で、

作ったのが本作らしく、タイトルも続編っぽく似ていることに悪意はないのかもしれない。

とはいえ、間違って買う人がいることも絶対に狙っているだろうと勘ぐってしまう。

何れにせよ、そのターゲットとなった私としては、ちょっと複雑。

けど、その複雑さを吹き飛ばすほど、買って良かったと思ってる。

面白かった。

非常にレアな出会い方をした本書だが、

本家の「交通誘導員ヘロヘロ日記」よりも面白いというのが私の感想。

同僚、取引先、顧客など、複数の関係者が織りなす人間模様はまさにドラマであり、

リアルな実体験ゆえの毒っ気のある魅力が散りばめられている。

添乗員を中心に、バスガイドやドライバー、旅行会社、旅行商品、修学旅行など、

知っていはいるけど、詳しい実態はあまり知らなかったことがよくわかるので、

非常に勉強になった。

本当にタフな仕事だなと思った。

「お客様との最前線にたち、自分自身が悪くなくても頭を下げ続ける仕事」とか、

常にお客様アンケートによって評価され続けているという点は、

airbnbのレビューで評価され続ける我々と同じ構図であり、とても共感できる。

今後、旅行業界に就職したい人には必読の書としてお勧めしたい。

あと、私も「民泊管理者ゲロゲロ日記」とか書いて、

間違って買う人を狙おうと思う。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Latest Posts.
一覧に戻る

Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI