KAWAMURA Blog.

社長ブログ

2020
6
5

理念がなぜ大事か?

「北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」

 我々には、この理念があります。

 もちろん、創業時からずっとこの言葉があったわけではありませんが、

 ただ、言語化はできてななかったけど、自分の人生の使命は、

 こういうことだろうとは20歳くらいから思っていました。

 

企業理念がある企業と、ない企業にはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそも、企業理念がない企業というのはあるのでしょうか。

全国の1万社以上の中小企業に対して行われたアンケートでは、

53%が企業理念(経営理念)があると答えています。また、その40%が創業時に企業理念(経営理念)を作ったとしています。

そう考えると企業理念のない企業も結構あるんだなと思われるかもしれません。

しかし、売上が高い企業ほど企業理念がある、という興味深いデータもあります。

つまり、売上と企業理念の有無が比例するというのです。

2.5億円までの売上があり、企業理念もある企業は47%なのに対して、売上が30億円以上あり企業理念もある企業は76%というデータがあるほどです。

その差はなぜ生まれるのか?

私の解釈はこうです。

事業を推進する上で、膨大な量の判断を全員が行っています。もちろん迷うこともあります。

その中で、この理念こそが、動じることのない北極星の役割を果たすのではないかと。

また、会社の存在理由を示すものであり、

全社が共に同じ方向を目指すための羅針盤とも言えるのではないかと。

環境が激変し、もう2度とコロナ以前の日々は戻らないとも言われていますが、私個人としては日々、様々な悩みもありますが、

それでもなお、「北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という理念は微動だにしないのです。

あって良かったと心から思います。

 

ま、実際はもっともっと深いところにその意義があるとは思うのですが、、、それはまだ言語化できてないですね。

SNSでシェア
KENJI KAWAMURA
川村 健治

株式会社MASSIVE SAPPORO 代表取締役
1978年札幌市生まれ。東京でサラリーマンをしながら会社を設立。当時入居したシェアハウスとの運命の出会いをきっかけに故郷である札幌へ。札幌だけでなく北海道、日本をさらにMASSIVE(偉大)にする!という使命のもと活動中。プライベートでは二人の子供たちとのお出かけが最近の楽しみ。


Our Service

不動産×インバウンドの未来をつくる仕事

MASSIVE SAPPOROでは「不動産×インバウンド 北海道を愉快に楽しくMASSIVEに」という
理念の実現拡大を目指して、事業に取り組んでいます

  • Vacation rentals

    民泊

    【プロデュース&運営】

    物件探しから部屋の企画設計・民泊スタート後の運営業務までワンストップサービスでサポートしています。

  • Unmanned hotels

    無人ホテル

    【プロデュース&運営】

    無人チェックインが可能となった旅館業法の改正に伴い、札幌初の「無人ホテル」をプロデュース・運営しています。

  • Share Office/House

    シェアオフィス&ハウス

    【プロデュース&運営】

    入居者様が仲間や親友、未知なる興味と出会える素晴らしい場所をご提供するため、入居経験者の社員によるコミュニティ管理を重要視しています。

  • Sapporo Imaginary Real Estate

    不動産事業

    不動産有効活用のサポートやリフォームはもちろん、「札幌空想不動産」というオウンドメディアで札幌の珍しい物件にスポットライトを当てています。

  • Experience Service

    インバウンドサービス

    北海道旅行を楽しむ外国人観光客に向け、旅行スタイルに合ったレンタカー事業を展開しています。

Read More
Brand list
  • HOST 札幌airbnb 運用代行サービス
  • 家 UCHI